:
:

2017.06.06

 

 

近鉄名古屋線の車窓から、はたまた国道23号線を走る道すがら広がる田園風景の そのまた向こうに見える一際目立つ大きな楠。

「大楠さま」とか呼ばれて親しまれています。というか、ファンも多くて「大楠さまに“会いに行く”」とかってフレーズを耳にもします。

木に会いに行くっていいですよね。ステキです。

 

この日は、休日。空は青く、風は気持ちよく吹いていて、もったないないくらい良いお天気だったので、

今日は、大楠さまだ!と思い立ち「会いに行ってきました!」

「木と仲よし。」の 克 ですからねー。

 

何の説明もいりません。

大きく美しい木には、不思議な力が宿ります。

パワーをもらってきましたよ✨

大楠さまの周りは、田んぼと麦畑。

ちょうど麦の刈り入れ作業中でした。

高さ26メートル!

枝張り35メートル!


 長太の大楠さま

 鈴鹿市長太町 樹齢1000年を超えると言われる自生するクスノキの巨木

 1959年の伊勢湾台風によって東側の枝が失われ現在のように。以前は、パラソルを広げたような左右対称のシルエットだったそう。


 

chevron-down close-disc